電王戦用PCはBonanza 6.0を使用している

電王戦。将棋とPCのパフォーマンスとしてはいつも楽しく見てるけど、結局何目指してるかよく分からないしマンネリ化してる。動画中に「電王戦用のPC」というのが出てくるけど、ソフトはAperyじゃなくてBonanza 6.0みたい。Aperyが届く前なのかな。あと将棋でPCが名人に勝つとも予想されてる。今まさに電王戦リベンジマッチやってる。電王戦リベンジ見てるが、もう限界。ミスらない棋士はPCより強しだ。将棋電王戦本当に一進一退で森下の勝機がある。ここまで森下がやるとなると今後かなりの議論になるだろう。もう人間はPCに勝てないというのが本流だった。ここまでギリギリの勝負をするとすると若手のバリバリの奴が同じルールでやったらどうなるのかと思う。ノートPCでバッテリ切れ負けの電王戦はどうか。電\王\戦 長丁場。流石に今日はPCに張り付いてるわけにいかなかったからちょこちょこ見てる。凄い素人の意見なんだけど、電王戦finalの出場ソフトをスペックは同じままフラットゲートで強いソフトと戦わせて棋譜を集めて研究するのはどうだろう。どういう展開ならポナンザが負けるのかとかが分かりそう。

実家のネット環境遅いからテザリングで電王戦リベンジマッチ観てたら、一瞬で速度制限食らって対局結果すら分からない。実家で何をすればいいのか。どっちかっていうと実家はネット環境あまりよろしくないほうなので電王戦は気になる。運営の判断見ると電王戦も早々に消費されそうだ。電王戦の録画を見ていてコンピュータに勝つには、横歩取り戦法で中盤スキップしていきなり終盤のガチンコで挑んでいると勝利後の解説を聞いてなるほどと関心しきり。この番組おもしろいな。森下九段の健闘を受けても、電王戦FINALのレギュレーションは変わらないのか。まだ始まっていないとはいえ、一度決めたことは今さら変えられない(変えるべきではない)という考えなのかな。