電王戦は複数台のPCを連結させる

電王戦っていうか24にソフトいるんだし。どんどん環境作って歓迎しないと強いソフトは出来ない。2013年の電王戦で1位になったときのGPS将棋(東大)は1000台のパソコンを繋げて1秒に3億手を読んだそうだ。今は効率が上がっているけれど、将棋はチェスの10の100乗倍計算しないといけないから、効率化や計算機の性能向上も含め20年かかったみたいだ。個人個人のPCの性能によって、同じレベルを設定しても将棋ソフトの強さが変わってくるというのはありうる話だ。だからこそ以前の電王戦では複数台のPCを連結させていたし、それが強すぎたためにノートPCを用いることになったのだし。ニコ生と2ちゃんねるは信用していない。ニコ生は電王戦は見るかもだけど、それ以外は。2ちゃんねるはアクセスできない設定にしている(PC)。

少なくとも電王戦が無かったら将棋はしてない。羽生は9勝1敗で優勝して、いま名人戦で森内俊之名人に挑戦中だが、その羽生の唯一の黒星をつけたのも三浦だった。電王戦にその三浦が出場すると聞いた時は、少なからず驚いた。負けたときに失うものが、あまりにも大きいと思ったからだ。この時間まで起きてるのいつ以来だろと思ったけど大晦日の電王戦リベンジマッチだ。将棋ファンは電王戦を経て「水平線の向こう」とかいう超絶最高にかっこいい言葉をゲットした。過去の棋譜をさかのぼっていくと習甦やSeleneの棋譜もfloodgateにはあるな。どちらも棋風は今とはだいぶ違うけど。電王戦出場ソフトは今までにfloodgateに参戦してる。電王戦勝てそうな気がする。