将棋電王戦と観戦記について

将棋電王戦は将棋の試合ですが、人と人との対戦ではなく、プロ棋士やプロ以外にも手だれの有名人がコンピュータ相手に将棋を行うというものです。プロ棋士相手とはいえ、コンピュータもかなりのものが作られており、人間側もかなり苦戦していますが、必ずしも負けてばかりではなく、とてもいい勝負をしています。
また、その電王戦を受けてライターや棋士の人が観戦記という形で解説などの記事を書かれています。プロの棋士がコンピュータに負けるというのはショッキングに思えるかもしれませんが、コンピュータを作っているのも人間で、そっちのエンジニアにたった文章もあり、楽しませてくれます。
昔はコンピュータを軽く見る棋士も多かったですが、第一回電王戦ではコンピュータが人間を破りました。今のところ人間の棋士の勝率はよくないですが、これからどうなるかは判断しにくい部分があります。このままコンピュータが勝ち続けるかもしれません。観戦記においてもおいても厳しい人間の棋士への厳しい意見が目立ちます。
しかし、逆に考えたら人間の作るコンピュータがここまでのものになったともいえます。そう考えるとコンピュータが人間を破ったことを必ずしも悲観的に捉える必要は無いかもしれません。