電王戦リベンジマッチについての様子

電王戦は棋士とコンピューターとの大会のことで、これまでに何度か開催されていますが、電王戦リベンジマッチとは第一回電王戦で戦った菅井五段とコンピューターの習甦のリベンジマッチのことです。第一回電王戦では菅井五段の敗北となり、この雪辱を晴らすための試合でした。
今回の試合に不退転の覚悟で臨んだ菅井五段でしたが結果はまたもコンピューターである習甦の勝利という結果となってしまいました。この敗北の原因には以前と同じ振り飛車で戦ったことや、引き分けに持ち込むようなことはしないという人間らしい信念もあったのかもしれません。
この戦いで人間がコンピュータに再度敗れてしまうというある意味で悲観的な結果になったのかもしれませんが、逆に考えれば、コンピュータがプロに将棋で勝てるようになったとも取れます。当然ながら、コンピュータを作っているのも人間なので、考えようによってはそこまでコンピュータを作成したエンジニアをたたえるべきなのかもしれません。
将棋の世界はこのリベンジマッチで棋士共通のライバルの姿をますますはっきりとさせたことになるのかもしれません。今後ますます棋士とコンピュータの対局は注目されることになります。